印鑑の素材の種類を把握して安いものを探します

印鑑の素材の種類を調べてみます

まず印鑑を選ぶときに大事なことは、どんな場面で使うものなのかという目的を明確にすることです。つぎに目的によって素材を決めて、文字書体を合わせていくという流れになっています。目的になるんですが、実印・銀行印・認印という種類を分けるとこんな感じです。実印の目的は自動車の契約や住宅の購入、金銭貸借証書など生涯での本人を象徴するときに用いるものです。銀行印は名前の通り、銀行や金融機関での口座開設の時に用います。なるべく銀行専用の銀行印を用意するほうが望ましいです。認印は日常生活でのサインの時に用いますが、こちらも他のもののように慎重に押します。目目的が明確になったら素材を決めますが、種類もたくさんありますので見ていきます。象牙、牛角、黒水牛、アグニ、楓、ツゲなどです。ツゲは植物なので、その風合いが品があり、手になじむ感覚が優れています。質、強度、色などが高級品とされています。黒水牛は角でできているため、繊維質の特徴がヒビが入りにくいので実用性に長けたものです。象牙は実印の時に使われることが多いもので材質が硬すぎず柔らかすぎないので長年にわたって使用することが出来ます。非常に希少性の高いものなので高価な品物です。他の材質も特徴がそれぞれありますので、調べてみるといいです。

文字の書体も重要なポイントなので考えます

文字の書体も目的に沿って合わせていくものなので重要なポイントです。いんそう体、てん書体、こいん体などがあります。いんそう体はてん書体を基本にして、文字に丸みや柔らかさを加えた開運型書体です。てん書体は漢字のできた中国に由来しており権威性と描線の美しさがあります。こいん体は日本独自のもので文字にふっくらと丸みがあるのが特徴です。このほかにも3書体ありますが、先の3書体がメジャーなもので実印・銀行印・認印の目的に合わせるといいです。

安い印鑑がたくさんありますので見てみます

安いものを買いたいという希望は誰しもありますが、インターネットで調べてみます。たくさんサイトにでていますので比較してみるといいです。大手インターネットショッピングサイトや自社のサイトでも安く購入出来るものもあります。ここで注意する事は大きさや材質が現物で見れないので、サイトでも表示がされているので確認をして間違えないようにします。それに入れる文字と書体を伝えて、出来上がると支払いをして、送られてきます。どれも安いものが紹介されていて価格競争しているので、間違えないように作れるかどうかに集中します。

記事一覧